人材育成

人材育成に取り組みながら普段の業務をこなせる中小企業は少なく、日々の糧を得るため、人材育成の計画を立てるのが困難ではないでしょうか。 そのために社員教育はおろそかになり、会社の最大の資産である「人材」を「人財」に育て上げることもできずにいる会社様も少なくありません。

助成金を活用する事で、会社にかかる経費の負担を抑え、社員に覚えさせる環境・機会を与える事ができます。その際の計画立てから弊社もご協力させていただきます。

「人材」を「人財」へ育成するために

人材育成を考えるうえで、ただ漠然と仕事ができる人間を育てるのではなく、「将来どのような人財にするか」を明確にすることが大切です。

ビジネスマンならばビジネスマナーや対人感受性など、どのような会社にも最低限必要な能力がありますが、そのうえでどのような力を発揮してもらい、どのようなスキルを身に付けて欲しいといったものを社内の状況判断だけでなく、外部からの目線でご提案することができます。

会社の将来を考え、社員が各々持ち合わせる能力をどのように伸ばすべきか。場合によっては中長期を見据えた育成も必要になります。 会社にとって必要な人財を育てるためには、目先の仕事をこなすためでなく、社員個々人が自社のために考え動き、会社の未来を担ってくれる人材育成を進めましょう。

そのうえで会社にとって必要な人財とは何か、どのような人財となっていくべきかを社員自身に真剣に考えさせる事も必要です。

お問い合わせ・資料請求